06-7777-2581

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週火曜日・水曜日

|城東区の不動産情報!家を売る時、買う時は【株式会社ホームネクサス】へ > 株式会社ホームネクサスのスタッフブログ一覧 > 不動産取得税の計算方法とは?知っておいて得するポイント

不動産取得税の計算方法とは?知っておいて得するポイント

≪ 前へ|不動産売却前に知るべき!不動産のリースバックとは?   記事一覧   不動産登記簿って何?売却に必要な情報を解説!|次へ ≫

不動産取得税の計算方法とは?知っておいて得するポイント

カテゴリ:不動産売却
不動産を取得する際に必要な不動産取得税について、どのように計算されるのか知っておくことで、よりスムーズに手続きを行うことができます。今回は、不動産取得税の計算方法と、知っておくと得するポイントについて解説します。

不動産取得税とは?
不動産取得税とは、不動産を取得した際にその取得価格に対して課税される税金のことです。特定の条件を満たす場合は非課税となる場合もありますが、基本的には取得した不動産の価格に応じて税金が課されます。 不動産取得税は、国税と地方税に分かれており、購入した都道府県によって税率が異なるため、注意が必要です。通常、国と地方で合わせた税率は約3%から4%程度で、数百万円から数千万円の不動産を取得する場合には、膨大な税金がかかることもあります。 一方で、不動産を売却する場合には、売却額から売却時の取得価格を差し引いた差額が所得として課税されます。この場合には、所得税と地方税により課税され、税率も都道府県によって異なります。 不動産を売却する場合には、売却益を最大限に得るために、不動産の魅力を最大限に引き出すことが重要です。不動産売却には様々な手続きが必要になるため、売却前には専門の不動産業者や税理士と相談することが望ましいです。


不動産取得税の計算方法とは?
不動産を売却する場合には、不動産取得税がかかる場合があります。不動産取得税は、不動産を取得した際に国や地方自治体に支払う税金で、不動産の売買代金の1.5%が基本的な税率となります。ただし、土地のみの場合や新築物件の場合には、別途減税措置が設けられています。 また、不動産の売却価格が上昇している時期に不動産を売却する場合には、計算上の利益が発生する場合もあります。この場合、譲渡所得税がかかるため、売却前に税金の計算をする必要があります。 不動産取得税や譲渡所得税の計算には、数式が必要になります。専門の税理士や不動産売却の経験豊富な不動産専門家に相談して、正確な税金額を計算することが大切です。また、不動産売却に際しては、税金の面だけでなく法律や契約などの細かな部分にも注意が必要です。専門家からのアドバイスやサポートを受けながら、スムーズかつ安全に不動産売却を進めていくことが大切です。


不動産取得税の納税期限とは?
不動産を売却する場合、その際にかかる税金のうちの一つが不動産取得税です。この税金は、不動産を取得した際に課せられるもので、不動産を売却した場合には売却額との差額が課税されます。 不動産取得税の納税期限は、原則として不動産を取得した日から6ヶ月以内です。例えば、1月1日に不動産を取得した場合、納税期限は7月1日までとなります。国税庁から納税通知書が届いた日から、納期日までに納税しなければなりません。 ただし、納期日が土日祝日に重なった場合は翌営業日が納期日となります。また、納税期限が過ぎてしまった場合には、税金の滞納処理が行われ、支払いの督促や延滞税金の追加納付などが課せられることがあります。 不動産取得税は、不動産の売却価格に応じて課税されるため、その額はさまざまです。しかし、納期日に納税できない場合には、税金がさらに増加してしまうことになるので、事前に十分な準備を行うことが重要です。



不動産取得税の免除条件とは?
不動産を売却する場合、不動産取得税がかかることがありますが、免除条件があります。まずは、住宅用地及び住宅に関しては、居住用として3年以上確保することが条件となります。また、売却が相続、贈与、公益法人等からの譲渡である場合にも、免除が受けられることがあります。さらに、個人の土地については、再開発事業による取得や公共事業による取得等を除けば、100平方メートルを超える土地については、特例制度があります。不動産取得税にかかる免除条件は多岐に渡るため、専門家に相談して、詳細を把握することが重要です。また、税金と免除条件についてしっかり理解しておくことで、不動産売却において無駄な費用を節約することができます。

不動産取得税を節税する方法とは?


この記事の執筆者

このブログの担当者  中野 恒

株式会社ホームネクサス  ブログ担当
【 不動産業界歴:20年】

【資格:宅地建物取引士】

不動産売買取引800件の経験と大手不動産会社でのつながり、経験を活かして不動産取引を行います。 城東区・鶴見区を中心に、不動産仲介並びに買取事業を積極的に行うことで、地域に貢献し【地域に愛される会社】を目指しています。 単純売却から複雑な権利関係で専門的(弁護士・司法書士・家屋調査士・測量士)なご提案が必要なケースもございます。当社は各仕業の方と提携しており、権利関係の問題解決と不動産売却を並行して進めて行けますので、安心かつスピーディーにお任せ頂けます。

不動産売却でお悩みの方は株式会社ホームネクサスまで!!

≪ 前へ|不動産売却前に知るべき!不動産のリースバックとは?   記事一覧   不動産登記簿って何?売却に必要な情報を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却相談
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • LINEで友だち追加
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ホームネクサス
    • 〒536-0008
    • 大阪府大阪市城東区関目4丁目6-17
      第一ケルンビル1F
    • TEL/06-7777-2581
    • FAX/050-3730-8777
    • 大阪府知事 (1) 第64354号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「横堤」駅徒歩9分 大阪市鶴見区諸口6-15-9の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅徒歩7分 大阪市鶴見区焼野1-南4-8の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅徒歩1分 大阪市鶴見区鶴見3-5-2の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」徒歩9分 大阪市鶴見区浜2-2-9の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅徒歩7分 大阪市鶴見区鶴見3-13-32の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ディークラディア鶴見アクロスタワーの情報を更新しました。
    2024-07-21
    サンクタス鶴見緑地パークアドレスの情報を更新しました。
    2024-07-21
    JR環状線「京橋」駅徒歩8分 大阪市城東区野江7-24の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「蒲生四丁目」駅徒歩6分 大阪市城東区中央1-2-3の情報を更新しました。
    2024-07-21
    京阪本線「野江」駅徒歩5分 大阪市城東区中央2-4-1の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


トップへ戻る