06-7777-2581

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週火曜日・水曜日

|城東区の不動産情報!家を売る時、買う時は【株式会社ホームネクサス】へ > 株式会社ホームネクサスのスタッフブログ一覧 > 不動産売却前に知るべき!不動産のリースバックとは?

不動産売却前に知るべき!不動産のリースバックとは?

≪ 前へ|戸建て物件のポイントとは?   記事一覧   不動産取得税の計算方法とは?知っておいて得するポイント|次へ ≫

不動産売却前に知るべき!不動産のリースバックとは?

カテゴリ:不動産売却
不動産の売却を検討している方は、不動産のリースバックについて知っておく必要があります。不動産のリースバックとは、不動産を売却せずに現金を調達する方法の一つです。この記事では、不動産のリースバックとそのメリット・デメリットについて解説します。


不動産売却前に必要な知識
不動産売却は大きな取引のため、必要な知識が多くあります。まず最初に、不動産市場の現状を把握することが大切です。その上で、自分が売却する物件の周囲の相場や土地の価値、売却にかかる手数料などを調べ、売却価格を決定します。また、不動産業者の選び方も重要です。実績があるかどうかや、手数料の条件、売却方法、契約内容の確認など、慎重に選ぶようにしましょう。さらに、不動産の法律知識も必要です。契約書の内容や登記手続きなどは、専門的な知識が必要です。最後に、税金や手数料、売却益などに関する税務の知識も必要です。不動産の売却は慎重に準備をし、余裕を持って進めることが大切です。


自分の不動産を所有しつつ資金調達
自分の不動産を所有しながら、必要な資金を手に入れる方法があります。それは、不動産を売却することです。不動産売却には、さまざまな方法がありますが、最も一般的な方法は、不動産会社に売却依頼することです。不動産会社は、不動産市場の動向や相場をリサーチし、最適な価格での売却をサポートしてくれます。また、売却にかかる手数料やその他の手続きなども、不動産会社が代行してくれます。不動産売却は、自分の不動産を手放すという点で、少し寂しい気持ちになるかもしれませんが、売却によって手に入れた資金で新たなビジネスを始めたり、将来のライフプランを実現するための足がかりとなることができます。大切な自分の不動産を売却することに不安がある場合は、複数の不動産会社に相談して、納得いくまで話し合いをしてみることをおススメします。



リースバックのデメリット
不動産を所有する企業にとって、リースバックは現金を手に入れるうえで魅力的な手段です。しかし、リースバック契約にはいくつかのデメリットがあります。 まず、リースバック契約を結ぶことで不動産を所有していた企業は、土地や建物を利用する権利を失ってしまいます。また、リースバック契約で得られる資金は一度しか手に入れることができないため、将来的に不動産を必要とする状況になった場合、再度購入する必要があります。 さらに、リースバック契約を結んだ土地や建物を借り手が放置している状態になった場合、所有者はそれを放置せざるを得ないというデメリットもあります。また、リースバック契約を結ぶことで、借り手との契約条件によっては法的な制限を受けることがあるため、注意が必要です。 以上のような点から、リースバック契約はメリットも多い反面、慎重に検討する必要があると言えるでしょう。不動産を売却する際には、将来的なビジネス戦略についても考える必要があります。


リースバック契約の種類
不動産オーナーにとって、リースバック契約は貴重な資産運用手段です。リースバック契約とは、物件を売却したうえで、その物件をリースバックして使用権を取得する契約のことです。種類としては、事業用不動産のリースバック契約と資産デポジット型リースバック契約があります。前者は、企業が所有する事業用不動産を売却し、その物件をリースバックして使用する契約であり、事業資金を調達することができます。後者は、不動産資産を担保に資金調達する手法であり、不動産オーナーが所有する資産を、金融機関に預け、使用権を確保するものです。リースバック契約にはメリットがあり、売却資金によって事業の拡大や借入金の返済に充てることができます。ただし、リースバック契約によって物件を失う可能性もあるため、慎重に検討する必要があります。

リースバックに向いている不動産
リースバックは、不動産を所有しながら、それを一時的に賃貸に出して賃料収入を得ることができる方法です。リースバックに向いている不動産としては、店舗やオフィス、工場などの商業施設や、アパートやマンションなどの賃貸住宅が挙げられます。これらの不動産は、賃料が安定しているため、リースバックに適しています。また、融資を受けている不動産や税金などの維持費用が高い不動産も、リースバックに向いていると言えます。リースバックを利用することで、不動産を所有しながらも現金化が可能となり、経営の柔軟性が高まります。特に、ビジネスが苦境に陥った場合には、リースバックで得た現金を使って経費負担を軽減することができます。リースバックは、不動産の取引形態の一つとして、ビジネス経営において重要な役割を果たします。

この記事の執筆者

このブログの担当者  中野 恒

株式会社ホームネクサス  ブログ担当
【 不動産業界歴:20年】

【資格:宅地建物取引士】

不動産売買取引800件の経験と大手不動産会社でのつながり、経験を活かして不動産取引を行います。 城東区・鶴見区を中心に、不動産仲介並びに買取事業を積極的に行うことで、地域に貢献し【地域に愛される会社】を目指しています。 単純売却から複雑な権利関係で専門的(弁護士・司法書士・家屋調査士・測量士)なご提案が必要なケースもございます。当社は各仕業の方と提携しており、権利関係の問題解決と不動産売却を並行して進めて行けますので、安心かつスピーディーにお任せ頂けます。

不動産売却でお悩みの方は株式会社ホームネクサスまで!!

≪ 前へ|戸建て物件のポイントとは?   記事一覧   不動産取得税の計算方法とは?知っておいて得するポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却相談
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • LINEで友だち追加
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ホームネクサス
    • 〒536-0008
    • 大阪府大阪市城東区関目4丁目6-17
      第一ケルンビル1F
    • TEL/06-7777-2581
    • FAX/050-3730-8777
    • 大阪府知事 (1) 第64354号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「横堤」駅徒歩9分 大阪市鶴見区諸口6-15-9の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅徒歩7分 大阪市鶴見区焼野1-南4-8の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅徒歩1分 大阪市鶴見区鶴見3-5-2の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」徒歩9分 大阪市鶴見区浜2-2-9の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅徒歩7分 大阪市鶴見区鶴見3-13-32の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ディークラディア鶴見アクロスタワーの情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ中央線「深江橋」駅徒歩1分 大阪市東成区深江北2-4-6の情報を更新しました。
    2024-07-21
    大阪メトロ長堀鶴見緑地線「蒲生四丁目」駅徒歩6分 大阪市城東区中央1-2-3の情報を更新しました。
    2024-07-21
    京阪本線「野江」駅徒歩5分 大阪市城東区中央2-4-1の情報を更新しました。
    2024-07-21
    JR環状線「京橋」駅徒歩8分 大阪市城東区野江7-24の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


トップへ戻る