06-7777-2581

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週火曜日・水曜日

|城東区の不動産情報!家を売る時、買う時は【株式会社ホームネクサス】へ > 株式会社ホームネクサスのスタッフブログ一覧 > 空き家対策基本法-老朽化住宅再生について知っておくべきポイント

空き家対策基本法-老朽化住宅再生について知っておくべきポイント

≪ 前へ|大阪市城東区関目のご紹介   記事一覧   不動産譲渡税の税金対策で節税!不動産売却の注意点とは?|次へ ≫

空き家対策基本法-老朽化住宅再生について知っておくべきポイント

カテゴリ:不動産売却
最近、空き家が社会問題化しています。そこで、政府は空き家を減らすために空き家対策基本法を制定し、各地で再生事業が進められています。老朽化した住宅を再生することで、地域の活性化や住宅供給の改善が期待されています。ここでは、老朽化住宅再生について知っておくべきポイントを紹介いたします。

空き家対策基本法とは
空き家対策基本法とは、日本政府が空き家問題を解決するために施行した法律です。不動産業界にとっても重要な法律となっています。この法律は、所有者が管理しないまま長期にわたって空き家として放置されている不動産の管理や活用、処分に関する内容が規定されています。この法律に則り、国や自治体が所有する空き家を活用し、地域の活性化を目指すプロジェクトが進められています。個人所有の空き家に対しても、所有者に対して様々な支援策が展開されています。例えば、補助金や減税制度などがあり、所有者が自ら管理できない場合には、地域の団体や企業が運営する空き家バンクに登録することで、有効活用されることが期待できます。これらの取り組みが進むことで、地域の美化や防犯対策など、様々な社会問題への解決策に繋がると期待されています。


老朽化住宅の問題点
老朽化住宅の問題点は、安全性の低下やメンテナンス費用の増加などが挙げられます。特に木造住宅は、年数が経過すると耐震性や断熱性が低下し、火災や地震などの自然災害に対する耐性も弱くなります。また、水回りや屋根、外壁などの定期的なメンテナンス費用が高額になることもあるため、住宅の価値が低下することも考えられます。売却を検討している場合は、早期にリフォームやリノベーションを実施することで、安全性や価値を向上させることができます。また、中古住宅を購入する場合は、耐震性や断熱性などについてしっかりと確認することが重要となります。


老朽化住宅再生の取り組み
老朽化した住宅の再生は、不動産売却業界において重要な課題となっています。当社は、この課題に着目し、老朽化住宅再生の取り組みを積極的に行っています。我々の取り組みは、住宅の外壁や塗装の再生をはじめ、内部の改装や設備の更新、エネルギー効率化の取り組みなど、多岐にわたります。このような再生により、老朽化した物件が新たな命を吹き込まれ、新しい住宅として生まれ変わることができます。新しい住宅としての価値が高まることで、売却価格も向上し、オーナー様にとっても大きなメリットがあります。当社は、老朽化住宅再生に取り組むことで、高い技術力と豊富な知識を生かし、常にお客様に最適な不動産サービスを提供しております。


再生に必要な支援制度
不動産売却において再生に必要な支援制度として、まず挙げられるのは住宅ローン減免制度です。この制度は、住宅ローンの返済に困っている人が、返済の猶予期間を設けることで、住宅売却を回避し、再生を進めることができる支援制度です。また、破産法にも自己破産や民事再生制度があり、負債を整理して再出発することができます。さらに、近年ではリフォームローンや、空き家問題解消に取り組む支援制度などもあり、不動産売却に限らず、住宅や建物の再生に必要な様々な支援策が整備されています。しかし、制度を知らずに過去の債務に苦しむ人が多くいるため、関係機関からの情報提供や啓蒙活動も不可欠です。再生支援制度を活用することで、経済的な危機を乗り越え、不動産売却を回避し、再出発することができます。

再生に向けたオーナーの心構え
不動産売却において、再生に向けてオーナーが心構えを持つことは非常に大切となります。まず、売却を決断する前に、物件の詳細なリサーチやそれに伴う適正価格の把握が必要です。次に、不動産会社のアドバイスや市場動向を確認しつつ、物件の強みや魅力を最大限に引き出すマーケティング戦略を策定する必要があります。また、売却後の流れについてあらかじめ確認し、手続きや税金などの問題をスムーズに処理することが望ましいです。そして、最も重要なのは、売却に伴う感情的なつながりを断ち切り、次のステップに進むための心構えを持つことです。これらの準備を行うことで、再生に向けたスタートを切ることができます。

この記事の執筆者

このブログの担当者  中野 恒

株式会社ホームネクサス  ブログ担当
【 不動産業界歴:20年】

【資格:宅地建物取引士】

不動産売買取引800件の経験と大手不動産会社でのつながり、経験を活かして不動産取引を行います。 城東区・鶴見区を中心に、不動産仲介並びに買取事業を積極的に行うことで、地域に貢献し【地域に愛される会社】を目指しています。 単純売却から複雑な権利関係で専門的(弁護士・司法書士・家屋調査士・測量士)なご提案が必要なケースもございます。当社は各仕業の方と提携しており、権利関係の問題解決と不動産売却を並行して進めて行けますので、安心かつスピーディーにお任せ頂けます。

不動産売却でお悩みの方は株式会社ホームネクサスまで!!

≪ 前へ|大阪市城東区関目のご紹介   記事一覧   不動産譲渡税の税金対策で節税!不動産売却の注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却相談
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • LINEで友だち追加
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ホームネクサス
    • 〒536-0008
    • 大阪府大阪市城東区関目4丁目6-17
      第一ケルンビル1F
    • TEL/06-7777-2581
    • FAX/050-3730-8777
    • 大阪府知事 (1) 第64354号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-06-23
    シティコーポ鴫野2号棟の情報を更新しました。
    2024-06-23
    メゾンドール西九条の情報を更新しました。
    2024-06-23
    シャトー新大阪の情報を更新しました。
    2024-06-17
    すみれ橋第二コーポ 四号棟の情報を更新しました。
    2024-06-16
    JR学研都市線「徳庵」駅徒歩12分 大阪市鶴見区今津南3-1-8の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪メトロ今里筋線「関目成育」駅徒歩9分 大阪市城東区関目6-14の情報を更新しました。
    2024-06-16
    阪急宝塚本線「三国」駅徒歩7分 大阪市淀川区西三国4-3の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市西淀川区佃 阪神本線千船徒歩15分の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市淀川区野中南 阪神神戸線十三駅徒歩12分の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市福島区海老江 阪神本線淀川駅徒歩3分の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


シティコーポ鴫野2号棟

シティコーポ鴫野2号棟の画像

価格
4,480万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市城東区鴫野西4丁目10-2
交通
鴫野駅
徒歩6分

メゾンドール西九条

メゾンドール西九条の画像

価格
3,598万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市此花区西九条1丁目13-4
交通
西九条駅
徒歩6分

シャトー新大阪

シャトー新大阪の画像

価格
2,698万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市淀川区宮原5丁目4-18
交通
東三国駅
徒歩3分

すみれ橋第二コーポ 四号棟

すみれ橋第二コーポ 四号棟の画像

価格
1,980万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市城東区関目2丁目8-4
交通
関目駅
徒歩10分

トップへ戻る