06-7777-2581

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週火曜日・水曜日

|城東区の不動産情報!家を売る時、買う時は【株式会社ホームネクサス】へ > 株式会社ホームネクサスのスタッフブログ一覧 > 不動産を手放さずに現金化!不動産リースバックとは?

不動産を手放さずに現金化!不動産リースバックとは?

≪ 前へ|専任媒介契約って何?不動産売却を成功させる方法を解説   記事一覧   【完全ガイド】旧耐震マンション売却の注意点と詳細解説|次へ ≫

不動産を手放さずに現金化!不動産リースバックとは?

カテゴリ:不動産売却
不動産を手放さずに現金化!というのは、不動産にかかる維持費用や税金などが高額であるため、一部の人々が常に抱えている問題です。しかし、不動産リースバックという方法があれば、所有する不動産を手放すことなく現金化が可能です。ここでは、不動産リースバックとは何か、そのメリットやデメリットについて詳しく説明していきます。



不動産を手放さずに現金化!
不動産の売却を考えると、なかなか買い手が見つからなかったり、価格交渉が難航するなどの問題がある場合があります。このような場合でも、不動産会社から買取り価格を提示される不動産買取りが選択肢の一つとして挙げられます。不動産買取りは、不動産会社が不動産を買い取ることで、手続きが簡単でスムーズに現金化することができます。また、買取り価格は、市場価格に比べて低めになる場合もありますが、売却手数料や不動産仲介手数料を支払う必要がないため、最終的に得られる金額は高くなる場合がありますので、不動産買取りを検討してみることをおすすめいたします。


不動産リースバックとは?
不動産リースバックとは、自身がを所有する物件を不動産会社に売却し、不動産会社と賃貸契約を締結することによって一定期間、そのまま住み続けることが出来るシステムです。不動産リースバックを行うことで、不動産の現金化が行え、短期的なキャッシュフローを確保することも可能です。貸主が移動先や資金調達に役立てたい場合や、相続税対策として利用することが多いようです。最近では終活目的で豊かな老後資金の確保に活用されるケースも増加しています。このように、不動産リースバックは不動産オーナーにとって財務上の柔軟性を提供することができるため、需要が増え続けています。ただ、注意点としては貸し手によって利用できる物件の種類や条件が異なるため、契約前にしっかりと確認し、詳細な計画を検討する必要があります



リースバックのメリットとデメリット
リースバックは、不動産所有者が所有する不動産を売却する代わりに、不動産を賃貸契約によってリースバックすることを意味します。リースバックの主なメリットは、不動産所有者が必要な現金を手に入れながら、引き続きその不動産を使用できることです。また、リースバック契約によって、家賃や利息、修繕費用などの財務負担が少なくなります。しかしながら、リースバック契約にはデメリットもあります。将来的な資金ニーズがある場合には、リースバック契約を結ぶ前によく検討する必要があります。加えて、リースバック契約によって、不動産の権利が移転しますので、リースバック契約書の内容をよく理解し、専門家と相談することが重要となります。

不動産リースバックを利用したい人の条件
不動産リースバックとは、持っている不動産を買い取ってもらい、その不動産をリースバックすることで資金調達やキャッシュフローの改善を図ることができる方法です。引越しをせず現金を手に入れたい人や、資金繰りが苦しい、さらには不動産を持っているがその管理やメンテナンスに負担を感じる個人など、さまざまな人が利用することができます。ただし、リースバック契約にはいくつかの留意点があります。まずは不動産の種類や所有者の信用度など、買い手側がリスクを負いやすい条件になってしまいます。不動産リースバックは資金調達やキャッシュフロー改善のうえで有用な手段の一つといえますが、契約前には事前にきちんとリスク評価をすることが必要となります。

リースバックの手続きの流れ
不動産売却を検討する法人や個人にとって、リースバックは資金調達や財務改善の手段として有効です。リースバックの手続きにはいくつかの流れがあります。 まず、物件評価が必要です。不動産会社や鑑定士による評価を受け、物件の価値とリースバック額が算出されます。次に、リースバック契約書を作成し、契約内容に合意が必要です。契約には、物件の使用期間や賃料、敷金や保証金などが規定されます。 契約内容に同意したら、手続きは進められます。物件売却と同様、契約書や必要書類を提出します。その後、不動産会社が物件を買い取り、同時に賃貸契約を締結します。リースバック契約成立後、買い戻しオプションがあれば、一定期間内に買い戻すこともできます。 以上がリースバックの一般的な手続きの流れです。手続き自体は、不動産売却と似ていますが、物件を継続して使用する点が特徴です。リースバックは資金調達の新たな選択肢として、法人や個人にとって有益な方法になります。

この記事の執筆者

このブログの担当者  中野 恒

株式会社ホームネクサス  ブログ担当
【 不動産業界歴:20年】

【資格:宅地建物取引士】

不動産売買取引800件の経験と大手不動産会社でのつながり、経験を活かして不動産取引を行います。 城東区・鶴見区を中心に、不動産仲介並びに買取事業を積極的に行うことで、地域に貢献し【地域に愛される会社】を目指しています。 単純売却から複雑な権利関係で専門的(弁護士・司法書士・家屋調査士・測量士)なご提案が必要なケースもございます。当社は各仕業の方と提携しており、権利関係の問題解決と不動産売却を並行して進めて行けますので、安心かつスピーディーにお任せ頂けます。

不動産売却でお悩みの方は株式会社ホームネクサスまで!!

≪ 前へ|専任媒介契約って何?不動産売却を成功させる方法を解説   記事一覧   【完全ガイド】旧耐震マンション売却の注意点と詳細解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却相談
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • LINEで友だち追加
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ホームネクサス
    • 〒536-0008
    • 大阪府大阪市城東区関目4丁目6-17
      第一ケルンビル1F
    • TEL/06-7777-2581
    • FAX/050-3730-8777
    • 大阪府知事 (1) 第64354号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-06-17
    すみれ橋第二コーポ 四号棟の情報を更新しました。
    2024-06-16
    JR学研都市線「徳庵」駅徒歩12分 大阪市鶴見区今津南3-1-8の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪メトロ今里筋線「関目成育」駅徒歩9分 大阪市城東区関目6-14の情報を更新しました。
    2024-06-16
    阪急宝塚本線「三国」駅徒歩7分 大阪市淀川区西三国4-3の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市福島区海老江 阪神本線淀川駅徒歩3分の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市西淀川区佃 阪神本線千船徒歩15分の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大阪市淀川区野中南 阪神神戸線十三駅徒歩12分の情報を更新しました。
    2024-06-16
    リブコート鴫野 リフォームの情報を更新しました。
    2024-06-16
    キングマンション堂島川の情報を更新しました。
    2024-06-16
    大正区泉尾一丁目一棟収益(グレイス泉尾)の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


すみれ橋第二コーポ 四号棟

すみれ橋第二コーポ 四号棟の画像

価格
1,980万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市城東区関目2丁目8-4
交通
関目駅
徒歩10分

JR学研都市線「徳庵」駅徒歩12分 大阪市鶴見区今津南3-1-8

JR学研都市線「徳庵」駅徒歩12分 大阪市鶴見区今津南3-1-8の画像

価格
2,980万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市鶴見区今津南3丁目1-8
交通
徳庵駅
徒歩14分

大阪メトロ今里筋線「関目成育」駅徒歩9分 大阪市城東区関目6-14

大阪メトロ今里筋線「関目成育」駅徒歩9分 大阪市城東区関目6-14の画像

価格
2,380万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市城東区関目6丁目14
交通
新森古市駅
徒歩10分

阪急宝塚本線「三国」駅徒歩7分 大阪市淀川区西三国4-3

阪急宝塚本線「三国」駅徒歩7分 大阪市淀川区西三国4-3の画像

価格
4,498万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市淀川区西三国4丁目3-25
交通
三国駅
徒歩7分

トップへ戻る